意外と知られていない税金の利用方法

これを読むだけで日本の税金丸わかり!

税金の仕組みを知って使い道をチェック!

日本という社会で暮らしている以上、税金とまったく無縁なまま一生を終えることはできません。
消費税、所得税、法人税、事業税、贈与税。
ひとりの人間が社会で成長し、役割を果たすためには必ず、何らかの形で税金を納め、また、その対価としての行政サービスの恩恵を受けています。
税金をきちんと納めることは社会人として当たり前の義務であり、最低限のルールなのです。
税金は本来、国をより豊かにしたり、弱者のための社会的インフラを整備するために使われますが、最近のニュースを見ていると、税金が間違った方面に流用されたり、偏った分野に配分されたりといったケースがしばしば見受けられます。
私たちが必死に働き、その中で件名に納めてきた税金が私たちの意図と反した形で使われるのはやはり悲しいし、違和感を抱きますよね。
税金の基本的な理念と仕組みを知ることで、国が税金というものをどのように運用しているのか、また、何のために税金が必要なのかといったことが体系的に理解することができます。
税金について理論的に把握することで、納めた税金の使い道が見えるようになり、納税という行為をたんなる義務以上に前向きにとらえられるようになります。
税金を知ることは、国を知るということです。
このサイトでは、日本国内の税制を解説するとともに、世界の税金を比較し、日本の税制のメリットとデメリットについてまとめています。
義務教育レベルのわかりやすい話をベースにしていますので、ぜひ参考になさってください。

TOPへ戻る